新書太閤記しんしょたいこうき08 第八分冊08 だいはちぶんさつ
依然。——秀吉はさっきの所に坐ったままであった。 燭の下に、灰となった薄いものが散っていた。長谷川宗仁からの飛脚状を焼いたものと思われる。 飛脚の者を始末しおえた彦右衛門と久太郎秀政が、座にもどって来 …
作品に特徴的な語句
小鬢こびん 歯痒はがゆ 気魄きはく 対峙たいじ 深傷ふかで 美濃みの やじり 修羅しゅら 諏訪すわ 輿入こしいれ もと 一喝いっかつ 坩堝るつぼ 麾下きか 断乎だんこ 藁草履わらぞうり 一期いちご なみ よし 披瀝ひれき 畢生ひっせい しめ 揉手もみで あさひ 烏滸おこ まこと 楚々そそ かけひ 耄碌もうろく あかね 斡旋あっせん 午頃ひるごろ くりや いた 和睦わぼく 籠手こて 喊声かんせい 訊問じんもん 大喝だいかつ 無碍むげ 臆測おくそく 忌憚きたん たに 僭越せんえつ 炯眼けいがん さかい 危惧きぐ 叡智えいち 僧形そうぎょう 渾身こんしん 矢立やたて 何刻なんどき 嫡子ちゃくし 眉目びもく 尨大ぼうだい 山麓さんろく 見恍みと 俯瞰ふかん 抹殺まっさつ 毀誉褒貶きよほうへん 叡山えいざん 遮断しゃだん 錚々そうそう 居士こじ 白湯さゆ 驀進ばくしん 仰天ぎょうてん 仏頂面ぶっちょうづら げき 轟然ごうぜん 咳払せきばら 紅蓮ぐれん かき 齟齬そご 昏々こんこん 遁走とんそう 非業ひごう 音頭おんど 臙脂えんじ 花弁かべん 伺候しこう 朝餉あさげ 熾烈しれつ 一棟ひとむね 倨傲きょごう 慴伏しょうふく 生唾なまつば 田圃道たんぼみち 縷々るる たつ 伯耆ほうき 余燼よじん 厨子ずし 脂肪しぼう 蹉跌さてつ 海嘯つなみ 落人おちゅうど ねぎら 狙撃そげき
題名が同じ作品
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)