新書太閤記しんしょたいこうき08 第八分冊08 だいはちぶんさつ
依然。——秀吉はさっきの所に坐ったままであった。 燭の下に、灰となった薄いものが散っていた。長谷川宗仁からの飛脚状を焼いたものと思われる。 飛脚の者を始末しおえた彦右衛門と久太郎秀政が、座にもどって来ると、間もなく、 「お見えなされました」 …
作品に特徴的な語句
ツメ サウ ガイ カンバ そち ベン あおむ メシ カツ がら こと カシ さと テッ ゆった のり セン イヘド めま おわ はかり 大道ダイドウ 請取しやうしゆ でう 下手ぺた われ 退 じき ちが イマ 年長とした 引退ヒキノ めん れい キウ やぶさ かく がしら さや おとの フクベ うつ 清国きよくに ゆだ もの かつ 被下くださる 私語しご めぐ むずか づら づか しょく 什麽イカン 百姓おおみたから かく 飼糧しりょう 水泡みずあわ がい しも だま おわ かか 上手うま きっ 譲渡じょうと とど とも ことほ 確乎しっか つた 如何どう ゆる かがや とも ぼう まな
題名が同じ作品
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)