“裘”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かわごろも33.3%
けごろも33.3%
かはごろも19.0%
かはころも4.8%
きう4.8%
キウ4.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こんなわけで、狸は支那の代表的料理の主役を勤め、第一その肉は人の肺気を強くし、脾胃を補い、皮はを製し、骨は邪気を除くと本草に見えている。
たぬき汁 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
おお、私の太陽。私はだらしのない愛情のように太陽がに触った。のようなものは、反対に、緊迫衣のように私を圧迫した。
冬の蠅 (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)
く、石崇ずや、庶子にして狐腋雉頭あり。太魏王家と。迎風館す。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
むらくは、かゝる時の長からぬことよ。かゝる日には年ゆたかなるとて、羊のきたる農夫ども、手をちて「トリイトン」のめぐりを踊りまはりき。
此書院に古画幅を掛たり。広一尺一二寸三尺許装潢もふるし。一人物を頂きたり。舟に坐して柳下に釣る。欵なし。筆迹松花堂様の少く重きもの也。寺僧浦島子なりといふ。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
軍井ダ達セズ、将ハズ。軍幕未ダゼズ、将ムヲ曰ハズ、軍未ダガズ、将飢ヱヲ曰ハズ、冬、ヲ暖ニセズ、夏、ラズ、雨ニヲ張ラズ。是ヲ、将ノ礼トイフ。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)