“採”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
88.5%
とり2.6%
1.9%
1.9%
とる1.3%
とっ1.3%
とつ1.3%
とら0.6%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とにかくに四つか五つの年から数年の間、毎年この実が熟すると必ずりに行き、草履を泥だらけにしてられたことも覚えている。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
木やり音頭取五七人花やかなる色木綿衣類彩帋て材木の上にありて木やりをうたふ。
そこでを獻ろうとして青菜をんでいる時に、天皇がその孃子の青菜を採む處においでになつて、お歌いになりました歌は
軍井ダ達セズ、将ハズ。軍幕未ダゼズ、将ムヲ曰ハズ、軍未ダガズ、将飢ヱヲ曰ハズ、冬、ヲ暖ニセズ、夏、ラズ、雨ニヲ張ラズ。是ヲ、将ノ礼トイフ。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
おもふにがごとき賤農もかゝるめでたき 御代に生れたればこそ安居してかゝる筆もなれ。されば千年の昌平をいのりて鶴のに筆をとゞめつ。
よく熱病になった時土用のの日にて置いたどくだみ草を煎ずるとこういうような色になる。
不思議な鳥 (新字新仮名) / 小川未明(著)
とはつてれはにもづゝはることが出來た。しづゝては毎日のやうにへた。おつぎはにそれをんでいてやる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
ふかヱイと二人を左右へ一度に投付れば惡漢共天窓を抱へ雲をと逃失けり藤八は後見送りおつなせりふの機會からヤア逃るは/\時に御旅人怪我は無かと九助を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
延喜式内膳司式に「海松二斤四両」とあり、また『万葉集』の歌に「沖辺には深海松み」
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)