“とる”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:トル
語句割合
85.7%
収穫14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ロミオは言葉ことばおだやかに、この爭端さうたんとるらぬよし反省はんせいさせ
申命記しんめいきこれあり。「なんじの兄弟より利息をとるべからず。」兄さんにたのむのが安全らしい。僕には、ケチなところがあるようだ。
正義と微笑 (新字新仮名) / 太宰治(著)
そうだ、お珠。……百姓達はまだ、あの田から、まだこの秋にならなければ、ほんとの米を収穫とることは出来ないのだ。祭りをしても、それは随分苦しい中の才覚だろう。多年疲れきっている懐中ふところへ、少しでも、ついえをかけては済まん。
(新字新仮名) / 吉川英治(著)