“とつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
45.0%
12.4%
9.6%
6.5%
6.2%
4.7%
4.0%
親父2.2%
2.2%
0.9%
0.9%
教父0.6%
0.6%
0.6%
0.6%
老爺0.6%
0.3%
0.3%
十津0.3%
0.3%
0.3%
嫁付0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
熱海に避寒してゐる心臓の悪い父や、代々木にいでゐる気の弱い妹などが電報を受取つて、驚くさまなどが思ひ描かれてゐたのだ。
イボタの虫 (新字旧仮名) / 中戸川吉二(著)
お留 さう云つても、我慢して稼いで貰はなければ、今日が過されませんからねえ。こちらのおさんは今日はお休みですか。
俳諧師 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
今は心もに足をむれば、土蔵のも間近になりて其処をだに無事に過ぎなば、とに急がるる折しも、人の影はとしてその角よりれつ。宮はきぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
この妙な女が五八頁のところで、七兵衛とお松に声をかけて、「もし/\、あのおさんにお娘さん」
中里介山の『大菩薩峠』 (新字新仮名) / 三田村鳶魚(著)
! 心頭滅却すればとかで、ればれるのださうだけれど、いからい。ることなんぞはもつて大嫌ひだ。……
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
婆樣上方者ですよ、ツルリンとした何處に「間拔狡猾」とでもつたやうながあつて、ペチヤクリ/\老爺氣嫌ましたね。
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
「まだ直らないのか?」義雄は止むを得ず笑ひにまぎらして、自分の方はくに直つたのを氣の毒にも思はれる。
泡鳴五部作:04 断橋 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
「待ってらっしゃい、秘密はキット此指環にあるワ、虫眼鏡でなくたって、レンズの代りをするものならいいわけでしょう、これはどうでしょう」
向日葵の眼 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
あの改革案が岩村男の指金で無かつたら、くの往昔に文部省の方でも取りあげてゐたに相違ないといふのは、少しく美術界の消息に通じてゐる者の誰しも首肯する所だ。
匹配百両王姫を御す 宜きを得 偕老他年白髪を期す 同心一夕紅糸を繋ぐ 大家終に団欒の日あり 名士豈遭遇の時無からん 人は周南詩句のに在り 夭桃満面好手姿
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
どうもかうもねえだよ、教父つあん? 追んだしたものあ追ん出しただ、百姓がんなかから犬を追んだすとおんなじによ。
てウームと力任せにるとザラ/\/\とたのが古金彼此五六十もあらうかとはれる、金
黄金餅 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
吹落しければ思はず兩人は見合ける此時兵助聲をかけ汝は山口六郎右衞門ならずや零落せしも皆汝が仕業ぞとにある竿竹て突て掛る六郎右衞門も心得たりと身を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
其中たとえてラクダルは面倒臭さうに手をして無花果れた。少年見向きもしないしさないばかりか、木實身體ちてすらもあげなかつた。
怠惰屋の弟子入り (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
ぐかあはれ月波根の
花守 (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)
新たにの子の
花守 (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)
然し若しおれであつたら、もう、くになつてゐた筈だらう。
泡鳴五部作:01 発展 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
「全體、お前とおれとは、な、お前の口調で云やア、同じ星のもとで生れてゐないのだ。くに離婚してゐた筈だが、ただ可哀さうだと思ひ/\して今までつづいたのア、云つて見りやア、おれのお慈悲だ。」
泡鳴五部作:01 発展 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
その後熊野十津川から日高奥の諸山地で血の附いたような岩が水辺にあるを見るごとに検査すると多くは同じ紅藻だった
しきしまのやまとにしてはわが君や師のきみなれや Pinel Conollyくににして
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
ぐにつけて、永らく世話をしてくれました乳母と召使いに、心ばかりの品をやりたいと存じまして」
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この上は父のらひに任せて、我はいづれにもあれ、外へは嫁付かず、一生独身にてくらし身を清らにさへ持ちたらましかばとそれのみ心に念じ居たり。
心の鬼 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
御前一人ぢやなし、さんもあるだから相談をしてたらいだらう。其代さんにつて、くりしませうから。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)