“于”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ここ50.0%
ユイ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“于”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
匹配ひつぱい百両王姫を御す このこことつおのおの宜きを得 偕老かいろう他年白髪を期す 同心一夕紅糸を繋ぐ 大家終に団欒の日あり 名士豈遭遇の時無からん 人は周南詩句のうちに在り 夭桃満面好手姿
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
が、ユイに向っては、すぐもとの通りにひきゆがんだ。
武装せる市街 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)
「君、ユイの奴をどう思うね?」
武装せる市街 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)