“偕老”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かいろう87.5%
かいらう12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
心、心に通ずるのは、ここである。そこで、二人は固く偕老かいろうを約して別れた。
純情狸 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
「でも、あなたは、この間あんなことをおっしゃったじゃありませんか、私はあなたと偕老かいろうを思ってるのに、あなたは、私を、妾のように思っていらっしゃるじゃありませんか」
緑衣人伝 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
否、彼人のみかは、我も或は生涯の願を遂げ、即興詩人の名を成して、偕老かいらうちぎりまつたうせしならんか。