義血侠血ぎけつきょうけつ
越中高岡より倶利伽羅下の建場なる石動まで、四里八町が間を定時発の乗り合い馬車あり。 賃銭の廉きがゆえに、旅客はおおかた人力車を捨ててこれに便りぬ。車夫はその不景気を馬車会社に怨みて、人と馬との軋轢よう …
作品に特徴的な語句
御機嫌ごきげん 愚弄ぐろう 脾腹ひばら 沢庵たくあん 一喝いっかつ もと 従容しょうよう あと そそ 狐狸こり 木蔭こかげ 堪能かんのう 櫛巻くしま 譴責けんせき 板塀いたべい 梶棒かじぼう 血汐ちしお 蹴出けだ 軽業かるわざ 夢寐むび 言下ごんか 南京ナンキン 清楚せいそ たお 人影じんえい 御挨拶あいさつ 座頭ざがしら 鼻唄はなうた 二間ふたま 人物ひと 凛々りり 狼藉者ろうぜきもの 腕車くるま 足掻あが 仮初かりそめ 夥間なかま 所望のぞみ みまわ 蟄居ちっきょ 三年みとせ 屈竟くっきょう しめ 正気しょうき 庭前にわさき 千尋ちひろ 濶達かったつ さき 昏倒こんとう 為人ひととなり 馬丁べっとう 人心地ひとごこち 愁眉しゅうび 頓挫とんざ くじ 儼然げんぜん 奔馬ほんば 魂魄たましい 逍遥さまよ 悵然ちょうぜん 風説うわさ 見遣みや 流眄しりめ あつ 隠蔽いんぺい 面魂つらだましい 太夫たゆう かわら 馬蹄ばてい 口籠くちご 寝惚ねぼ 鳩尾みぞおち 兇器きょうき 空嘯そらうそぶ 人力車くるま 街道かいどう 一声ひとこえ 奔走かけある かな 無性ぶしょう 衣兜かくし 悶着もんちゃく 滂沱ぼうだ 麦稈むぎわら なかば 溝泥どぶどろ 活溌かっぱつ 馭者ぎょしゃ たお 断念あきら 諸声いっせい 手籠てご なす 高髷たかまげ とど かか 日傘ひがさ