義血侠血ぎけつきょうけつ
越中高岡より倶利伽羅下の建場なる石動まで、四里八町が間を定時発の乗り合い馬車あり。 賃銭の廉きがゆえに、旅客はおおかた人力車を捨ててこれに便りぬ。車夫はその不景気を馬車会社に怨みて、人と馬との軋轢ようやくはなはだしきも、わずかに顔役の調和に …
作品に特徴的な語句
ゆらめ あたい ものがた つつ ひら ふため ゆる 徐々やわやわ 可愛おかし くれ はよ はま 微笑ほおえ もら 情夫つきもの おそ はえ こま ほつ かえ せつ みずか 失敗おくれ ぱた おのこ すか かんが 相応あいこた もど なか たも すがた さき 通過とおり あた わた とお 当時むかし ならい よう 衆人ひとびと ひさ おく あと あかし てあい 瀟洒いなせ ゆら 不快こころわろ ひま いらだ くら 交互いれちがい しげり くゆら すす 彷徨ぶらつ こぼ 退すさ はた よば なす かお そむ がい 兄弟きょうでえ 顛覆うちかえ おそ 微笑えみ ひら うかが 熟視よくみ