“策”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
33.3%
さく30.7%
むち14.7%
むちう9.3%
はかりごと6.7%
1.3%
すべ1.3%
つえ1.3%
1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しに行ったところが、しびれ薬で参っていると考えたのが大間違い、かえって、先のに乗って、さんざんな目に会ったろうじゃねえか
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「せっかく、人穴城の根もとまで押しよせたに、煙攻めのにかかって引ッ返すとは無念千……ああまたまっ黒に包んできおった」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
馬のをふるって続け打ちに打ち据えたので、さすがの乱暴者も頭を抱えて逃げ廻って、かに自分の家へ帰ることが出来た。
ひとりの聲高くひとりの聲低きことあり、こは情の我等をちて或ひはつよく或ひは弱く語らしむるによる 一一八—一二〇
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
天晴れでかしたり賢女なり貞女なり、それでこそ我が最愛の妻、さては我も心安し、ここ一番雄心ふり起こして、このを実行しみばや。
葛のうら葉 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
れむべし過度の馳騖に疲れ果てたる馬は、力なげにれたる首をべて、てども走れども、足は重りて地を離れかねたりき。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
駆けつけた附近の医者は、電車のの上にった美少女に対して、すべき何のをももたなかった。というのは、彼女の心臓の上部が、一発の弾丸によって、美事射ちぬかれていたから。
省線電車の射撃手 (新字新仮名) / 海野十三(著)
中原、また鹿をうて、筆を投げすてて戎軒を事とす。縦横のらざれども、慷慨の志はお存せり。いて天子にし、馬を駆って関門をず。
(新字新仮名) / 富田常雄(著)
挽歌に巌門ねを言ひ、水鳥・大君のおもふ鳥を出し、いてのさまよひを述べ、紐を云々する事の多いのは、皆、鎮魂式の祭儀から出て居る。