“さく”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:サク
語句割合
54.1%
16.3%
7.5%
4.6%
佐久4.2%
1.6%
1.6%
1.3%
1.3%
1.0%
0.7%
0.7%
0.7%
0.3%
0.3%
作列0.3%
作物0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
座句0.3%
0.3%
木柵0.3%
0.3%
0.3%
耕作0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
街路の先端、オーレリーの飲食店の近くには、のような音が起こっていた。警官や兵士のにぶつかって群集が押し返されていた。
大慈大悲の仏たちである。大して御立腹もあるまいけれども、がいいだけに、もしたまいそうで、さぞお鬱陶しかろうと思う。
七宝の柱 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
るも我國財源にはあり、兵船増加にも限度あり、ふの日夜此事憂慮し、えず此點つてじてる。
三十七十二某夜なりき、灌水へてきしもなく、何者りて七福ふとげたりとむ。
命の鍛錬 (旧字旧仮名) / 関寛(著)
けれど、ゆうべ碓氷権現の境内に、その将門、将頼、将文などの手勢が、宿営したという噂は、途々、何度も耳にした事だし、また佐久御牧でも今
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
たとえば八の朝など、諸家の進物で広間が埋まるほどな物も、そばから人に与えてしまうので、夕には一物もなかったということです。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
○英国王、其国法ヲ会議スル場所ヲ不都合ナル遠地ニ設ケテ人民ノ議論ヲルハ、人ヲシテ奔走ニ疲レ余議ナク其法ニ従ハシメント欲スルナリ。
下に二神あり、一を、一をと名づく、並びに葦のを執って不祥のを伺い、得ればすなわちこれを殺すと。
三国の代の英雄の曹孟徳が、百万の大軍を率いて呉の国を呑滅しようとしつつ、「月明らかに星にして、烏鵲に飛ぶ」とを馬上に横たえて詩を賦したのも丁度斯様いう夜であった。
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
き、花をし香をくような事は僕婢の為すがままに任せていたが、僧をめることは、其命を下さなかったから誰も手をつけるものは無かった。一日過ぎ、二日過ぎた。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
くころには、この境内にもくのであります。
女の魚売り (新字新仮名) / 小川未明(著)
なる程、此は過ぎまする。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
マニラをバギオに結ぶベンゲット道路のうち、ダグバン・バギオ山頂間八十キロの開は、工事監督のケノン少佐が開通式と同時に将軍になったというくらいの難工事であった。
わが町 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
林「へえ恐入りました、誠ね有難い事で、旦那さまのお恐入ります」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
林「じゃアだけして下せえ」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
……、五、、六、の七ツの孔は、人間の五情の言葉と両性の呼吸ともいえよう。懐竹抄を読んだことがあるだろう
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そして朝飯の事について何やらほざきながら、キャベツ菜の作列に添って台所の方へ姿を掻き消してしまった。
そしてまだ陽を見たことのないクリーム色の(十二)そして彼女の完全な(それは、悲しい、思っただけでも胸のくような)離反! 自棄酒
自殺 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
中門突当つて右に簡略な亜鉛葺の木造の小屋があつて、くと中央に作り掛けた大きな像が据ゑられて居る。で聞けば倫敦から依頼された画家ウイツスラアの記念だ。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
道理で、ひどく追い矢が集まると思い当ったので、孫堅は頭にかぶっていた「」という朱金襴の盔を手ばやく脱いで、焼け残りの民家の軒柱へそれをかけ、あわてて附近の密林へかくれこんでいた。
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
座句山の項の栂原山以下は、ヤケノソリ、エンマノトヤと読むのであろう。
皇海山紀行 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
かれ左の御髻に刺させる湯津爪櫛一二の男柱一箇取りきて、して入り見たまふ時に、たかれころろぎて一三、頭には大雷居り、胸にはの雷居り、腹には黒雷居り、には雷居り
とある、壊れた木柵の陰から男が一人出て来た。
翔び去る印象 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
柞の字は『新撰字鏡』には「なり」とあり「草を除くをい木を除くをと曰う」とあるけれども、訓は「ナラの木」または「シイ」である。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
夏の王、を亡ぼして天子の位を奪つたが、後、臣寒に殺された。
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
現に我輩は家内が何坪借りて作つて居るかといふことも知らない。まあ、家内の量見では、子供に耕作でも見習はせて、行く/\は百姓に成つて了ふ積りらしいんだ。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
花時が終わって「もも」が実ってやがてそのが開裂した純白な綿の団塊を吐く、うすら寒い秋の暮れに祖母や母といっしょに手んでに味噌こしをさげて棉畑へ行って、その収穫の楽しさを楽しんだ。
糸車 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)