“さけ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:サケ
語句割合
50.5%
26.4%
13.4%
2.6%
1.3%
1.1%
0.9%
0.7%
0.6%
0.6%
0.4%
0.4%
佐介0.2%
0.2%
亀裂0.2%
水豚0.2%
石桂魚0.2%
酒杯0.2%
麹糵0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ちゃん、せみはいる?」と、くから、こちらをびました。B坊は、なんとなく、すまなそうなつきをして、をふり
町の真理 (新字新仮名) / 小川未明(著)
寶鼎金虎し、芝田白鴉ふ。一瓢造化し、三尺妖邪り、逡巡ることをし、また頃刻かしむ。
花間文字 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
土地にて、いなだは生魚にあらず、きたるものなり。夏中下物贈答ふる東京けるお歳暮し。
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
言下勿焉と消えしの光は、早くも宮が乱鬢めてれぬ。啊呀と貫一のぶ時、くも彼は跂起きざまに突来るして
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
いわゆる諾威方舟を造り、その族人および禽獣の属おのおの一を乗せて洪水をしというがごときこれなり。
教門論疑問 (新字新仮名) / 柏原孝章(著)
がびり/\とてちぎれてたはづみをくつて、踏占めたがちやうど雨上りだつたから、りはしない、つて、ずる/\とちた。
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
和尚さんはわけの解らないお経の言葉でもつて、悲しみんでゐる荒野の魂を、一心に鎮めてゐるやうに思はれた。
良寛物語 手毬と鉢の子 (新字旧仮名) / 新美南吉(著)
く、はせて惡婆、とびしが、怒氣心頭つて、よりは黒烟りのく、紙幣寸斷/\にいててゝ、直然しさまなば如何なりけん。
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
北の方のカムチャツカにも、またこの種類がんでいて、を取るのに妙を得ている。
大菩薩峠:26 めいろの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
天の漸く明かに、海の漸く靜に、舟人遭難の事の漸く確實になりゆくと共に、周章の色は加はり來れり。小兒は捧げ持ちたりし十字架を地にねて、泣きびつゝ母にりぬ。
な宿したのもあるようです、それがすぐ形式の差は内容の差を伴うべきものだとび俳調俳歌うべしと罵倒して仕舞われたのです、吾々もそう思うですなあ、同じく詩であっても
子規と和歌 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
石竹の一花る冬野かな 桃里
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
○新撰字鏡に鮭(佐介)とあり、和名抄には本字はの字を用ふるは也といへり。されば鮭の字を用ひしもし。
早化るならんか)鮞水にある事十四五日にして魚となる。の如く、たけ一二寸、をなさず、ゆゑに佐介の名ありといひふ。
和尚の学語編にはの字を出されたり、はあさぢと也。字書にはは大口細鱗とあれば鮏にるゐせるならん。字彙にはの本字にて魚臭といふ字也といへり。
宗二が文亀本の節用集にも塩引干鮭とならべいだせり。これらも伝写のあやまりにや。駒谷山人が書言字考には○石桂魚水豚して、に和名抄を引て本字はといへり。
甃石亀裂ている個所もあり、玄関へ上る石段の磨滅っている家もあったが、何処の家にも前世紀の厳めしいポーチと、昔の記憶を塗込めた太い円柱があった。
P丘の殺人事件 (新字新仮名) / 松本泰(著)
宗二が文亀本の節用集にも塩引干鮭とならべいだせり。これらも伝写のあやまりにや。駒谷山人が書言字考には○石桂魚水豚して、に和名抄を引て本字はといへり。
宗二が文亀本の節用集にも塩引干鮭とならべいだせり。これらも伝写のあやまりにや。駒谷山人が書言字考には○石桂魚水豚して、に和名抄を引て本字はといへり。
男爵を得しも、実は生まれ所のよかりしおかげ、という者もありし。されば剛情者、わがまま者、癇癪持ちの通武はいつも怏々として不平を酒杯に漏らしつ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
既ニシテ川叉ニ寓シマタ羽生ニ移ル。翛然歌ヲ詠ジソノ性ニ自適ス。頃之遠近争ツテ弟子ト為ル。シテ四方来ツテ書画ヲ請フ者マタ陸続トシテ絶エズ。翁麹糵ミ口ニ瓢杓ヲ離サズ。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)