寸情風土記すんじょうふどき
金澤の正月は、お買初め、お買初めの景氣の好い聲にてはじまる。初買なり。二日の夜中より出立つ。元日は何の商賣も皆休む。初買の時、競つて紅鯛とて縁起ものを買ふ。笹の葉に、大判、小判、打出の小槌、寶珠など、 …
作品に特徴的な語句
長火鉢ながひばち いそ 近頃ちかごろ 天秤てんびん 夜寒よさむ 盂蘭盆うらぼん しば たみ なまづ 井戸ゐど さか なだ ひろ すし むじな さば 三度さんど 田螺たにし とら 山葵わさび 縁起えんぎ 日盛ひざか 場合ばあひ 蒲鉾かまぼこ 面倒めんだう かき 並木なみき 電車でんしや 浪華なには どぢやう 椋鳥むくどり 湯女ゆな 内證ないしよ 御存ごぞん むし 屈竟くつきやう 實際じつさい かつら 慈姑くわゐ 汁粉しるこ ほたる 用意ようい 蓮池はすいけ すみ たつ りん さゝ 人達ひとたち 禁物きんもつ きのこ ぢく 君子くんし 昆布こんぶ 大雨おほあめ くに 暗夜あんや 白壁しろかべ 三日みつか 初茸はつたけ 曉方あけがた 柑子かうじ 目白めじろ かぶら やう 郊外かうぐわい 氏神うぢがみ 肌寒はだざむ さけ 青葉あをば 三番叟さんばそう 團扇うちは ひる 木槿むくげ 松茸まつたけ かや 白雪しらゆき 荒磯あらいそ 黒塗くろぬり 友達ともだち 初鰹はつがつを 陰氣いんき しぶ あけ 古風こふう 在方ざいかた 結構けつこう ちう 大根だいこ だい 恥辱ちじよく 山陰やまかげ 一番いちばん