寸情風土記すんじょうふどき
金澤の正月は、お買初め、お買初めの景氣の好い聲にてはじまる。初買なり。二日の夜中より出立つ。元日は何の商賣も皆休む。初買の時、競つて紅鯛とて縁起ものを買ふ。笹の葉に、大判、小判、打出の小槌、寶珠など、就中、緋に染色の大鯛小鯛を結付くるによつ …
作品に特徴的な語句
いゝ ゆひ 清水しやうづ あひ しよく おほき あらは だはら にほひ あぢはひ 娼妓をやま しゆん 不可ふか おと どう うへ 彼方あつち しう ざかり 鷹匠たかじよ あぢ るゐ よつ にぎは 小路せうぢ 心中しんぢう あたゝ 木槿もくで やはら はゝ 目細めぼその もり 南瓜たうなす 唐黍たうもろこし 喝采はや 大鯛おほだひ をんな いへ ちひ いで すく 故郷こきやう はう あたひ きた たゞ 此方こつち 殿どの めづら あひ 一片いつぺん など 習慣しふくわん つらな 間違まちがひ 茸狩きのこが 酸漿ほうづき しやく すゝき とほ ほら くわん 調味てうみ 調とゝの おこな ことば つゞみ 男女なんによ あは どぢやう ひゞ おん 雪催ゆきもよひ ばう だい 大雨おほあめ 鉢前はちまへ 娘盛むすめもり しち しやう 小遣こづかひ 市中しちう これ 茸狩たけが 木槿はちす 本町ほんちやう 舞茸まひだけ 清水しみづ 犀川さいがは ばたけ 白鶴はくかく あり 移住いぢう