“螺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
26.3%
にし10.5%
さざえ10.5%
ほら10.5%
かい5.3%
かひ5.3%
がい5.3%
さざい5.3%
たにし5.3%
にな5.3%
ばい5.3%
ほらがい5.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
も吹かず、も鳴らさず、山巒の間を縫って、極めて粛々と来るのであったが、五千余騎の兵馬の歩みは、いかに静かにと努めても
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
車夫二人に引かせて人力で藤沢へ行った結果、私は大きな淡水産の(Melnia)の美事な「種」を壺に一杯集めることが出来た。
のふたは、金槌でも、開かないことを知っていた。さざえの貝のれば、自然、中身は抜けるという卑俗な道理を、かれは先頃から考えていた。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
金澤ばかりかとひしに、久須美佐渡守す、(浪華)とふものをめば、大阪のことあり——二日より市中などいて
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
と馬が先に歩き出すと、その後から大勢の者が、をふいたり、を叩いたり、笛太鼓も入れて、し立てて行くのだった。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
」のかとばかり
有明集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
流れには、押太鼓
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
壺々口莞然と含んだ微笑を、細根大根に白魚を五本並べたような手が持ていた団扇で隠蔽して、かしそうなしこなし。文三の眼は俄に光り出す。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
三枚ばかり附木の表へ、(くみ)も仮名で書き、(二せん)も仮名で記して、前に並べて、きざ柿の熟したのが、こつこつと揃ったような、昔はが尼になる、これは紅茸を開いて
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それと共に翳もしだいに大きくなって、数日の後には厚くなって銭のようになり、右の睛にはの殻のような渦まきが出来ていた。
瞳人語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
でも角度幾分相違してゐるようですし、赤貝でもつてゐるといふようなことが、貝塚貝殼調べてればわかります。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)