“金澤”の読み方と例文
新字:金沢
読み方割合
かなざは100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
新道春日野峠大良大日枝絶所で、敦賀まで、これを金澤から辿つて三十八里である。歩行けば三年かゝる。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
はい、あの死骸手前が、片附いたでございます。が、のものではございません。若狹國府でございます。金澤武弘は二十六でございました。
藪の中 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
……次手に、おなじ金澤旅宿の、料理人いたのであるが、河蝉れない。らないといつてもい。
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)