木菟俗見みみずくぞくけん
苗賣の聲は、なつかしい。 ……垣の卯の花、さみだれの、ふる屋の軒におとづれて、朝顏の苗や、夕顏の苗…… またうたに、 ……田舍づくりの、かご花活に、づツぷりぬれし水色の、たつたを活けし樂しさは、心の憂さもどこへやら…… 小うたの寄せ本で讀ん …
作品に特徴的な語句
あい 尖端モダン しよう わづ 根生ねぶ あひ ばけ なほ しよく ほつそ やれ じろ 一寸いつすん はき かたはら 音信おとづ うへ ひつ つか きざみ もむ おほ まは ちやん 突切つきき ほつ しも 蒼空おほぞら 見聞みき きり まへ るゐ 翌日あした ゆる かへる 執念しふねん たう めづら をんな はた 三方さんぱう さふらふ だん 上手じやうず とほ まゐ とほ なま たづ みづか すみ はう しつ 可恐こは あひ じやう ちひ 南瓜たうなす さも ぼん あひだ さう 處女しよぢよ をし はひ うき たい 篝火かゞりび 差支さしつかへ すさ 隻手せきしゆ およそ 白金しろかね 初夏しよか ちん 木菟みゝづく すなは まう あつ ごし をど おこ くわ 調しら たう 女連をんなれん 咒詛じゆそ よび そめ めう つう 水田すゐでん