“揉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
93.7%
もみ2.4%
もま1.1%
もん0.6%
もむ0.5%
むし0.5%
もめ0.3%
0.2%
0.2%
ねじ0.2%
ひね0.2%
0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
……さ、お横に、とこれから腰をむのだが、横にもすれば、俯向にもする、一つくるりと返して、ふわりと柔くまた横にもしよう。
怨霊借用 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
程なく夫人のおからやわらげて、殿さまの御肝癖も療治し、果は自分の胸のも押さげたという、なかなか小腕のきく男で。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
せしが縁と成て其後毎夜呼込ではせけるに上手なれば政太夫も至極に歡び療治をさせける處城富は稽古を聞感にて居る樣子を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
サア気をで私に武者振付くように腹を立てたが、私もになって余り洒落に念が入過ぎたと思て心配した。随分間違の生じい話だから。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
折柄に近邊の人々も驚きて何故傳吉殿は召捕れしと種々評議て女房おせんを組頭百姓代共打揃ひ高田の役所へ罷り出御慈悲
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「困ったよ、」と、U氏は両手で頭をえて首を掉り掉り苦しそうに髪の毛を掻きった。「君はYから何も聞かなかったかい?」
三十年前の島田沼南 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
洗ふ波の音は狼みの遠吼物凄くお里はりに氣をども九郎兵衞は前後も知らず高鼾折から川の向よりザブ/\と水を此方へ來る者ある故お里は是を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「しかし」と、それでも子路はなお逆襲する気力を失わない。南山の竹はめずして自ら直く、ってこれを用うれば犀革の厚きをも通すと聞いている。
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
然るにも拘わらず、まがい物ならぬ本物の印伝皮でめしこしらえた贅沢きわまる煙草入がころがっていましたものでしたから、いかで退屈男の逃すべき!
生れ落ちてから畳の上に両足を折曲げて育ったれた身体にも、当節の流行とあれば、直立した国の人たちの着る洋服も臆面なく採用しよう。用があれば停電しがちの電車にも乗ろう。
妾宅 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
小間使いに肩らして
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
ひきしる鳩の毛の白いほめき?
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
人間様の恋路の笑止しいのは鍋小路どので初めて承知して毎日顔を見る度に俺は腹筋れた
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)