三十年前の島田沼南さんじゅうねんまえのしまだしょうなん
島田沼南は大政治家として葬られた。清廉潔白百年稀に見る君子人として世を挙げて哀悼された。棺を蓋うて定まる批評は燦爛たる勲章よりもヨリ以上に沼南の一生の政治的功績を顕揚するに足るものがあった。 沼南には最近十四、五年間会った事がない。それ以前 …
作品に特徴的な語句
邂逅でっく かく わざわ くる うわ 姿態なりふり ふとこ むし あた おも おの した あった あやぶ 待遇あしら 顧盻ふりかえ おお とっ 衣服みなり ひつ よこ あや つま あやし かか あなが こぼ かん 薄汚うすぎた くん ずり 前額ひたい じる あぶ ぱら こと ぬす はず 昵近じっきん 有合ありあ あわれ 悔悛くいあらた 綢繆ちゅうびゅう ぬき ぬぐ 背負せお 差支さしつか 岳父がくふ ゆす きま 立通たてとお くす 故郷くに はや とい こま つら そそ あわ ぐるま 余焔ほとぼり わずか ゆる すま とも 仕損しそこな 鈍色にぶいろ しか 厭気いやき ほと にお おろ たのし 枕頭ちんとう おそ 名代みょうだい 各々めいめい はなは 畢竟ひっきょう 瑜瑕ゆか 生憎あいにく 束髪そくはつ 縷々るる