“匹”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぴき56.5%
ひき25.0%
びき12.1%
ひつ3.2%
たぐ0.8%
たぐい0.8%
たと0.8%
つれあい0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ついに、彼の目の睫毛と睫毛との間に小さな一蜘蛛をかけるに及んで、彼はようやく自信を得て、師の飛衛にこれを告げた。
名人伝 (新字新仮名) / 中島敦(著)
もう一牝鹿は、を一つへだてた淡路国野島んでいました。牡鹿はこの二牝鹿始終行ったりたりしていました。
夢占 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
のありは、あまり不意なことにびっくりしましたが、がついたときには、って、れていたのです。
三匹のあり (新字新仮名) / 小川未明(著)
これ景略(王猛の字)のならんや、処士虚声を盗む何代か人なからんと王阮亭は言った(『池北偶談』巻二)。
かに紙門押啓きて出来れるを、かと見れば満枝なり。彼如何なれば不躾にもこの席にはれけん、と打駭けるよりも、荒尾が心の中こそ更にふべくもあらざるなりけれ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
それより艶容なく姿色衰えず淫心しきりに生じて制すべからず。ために内寵多しとあるは作事ながら多少の根柢はあるなるべし。本邦で蛇は一通りの殺しようで死に切らぬ故執念深いという。
「夜窓留客一灯幽。酔後陶然解旅愁。談笑何妨渉奇怪。匹如坡老在黄州。」〔夜窓客ヲ留メテ一灯カナリ/酔後陶然トシテ旅愁ヲク/談笑何ゾ妨ゲンヤ奇怪ニルヲ/フレバ坡老ノ黄州ニ在ルガ如シ〕また或時は
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
お帰りになったら、良いをお求めになるがよいでしょう。幸にあなたには先祖の徳が厚いのですから、まだ子孫に及ぼすことができます。
阿霞 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)