“不意”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふい90.0%
ふゐ2.9%
いきなり1.4%
おもはざる1.4%
だしぬけ1.4%
ゆくりな1.4%
ゆくりなく1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
たず睥睨してる、猛狒益々此方つてる、九死一生不意に、不意に、何處ともなく一發銃聲
此時不意に、車外猛獸何者にかいた樣子で、一時つてした。途端何處ともなく、かに一發銃聲
ところがそこから折り返しての位置に戻ると、法水は卓子灯の中に何を認めたものか、不意検事を振り向いて
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
なる民不意の富は、フィオレンツァよ、自負と放逸を汝のうちに生み、汝は既に是に依りて泣くなり 七三—七五
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
その日もいゝ気持になつて、ちやぷ/\やつてゐると、不意に湯気のつた片隅から大声でいた者があつた。
某この年頃諸所を巡りて、数多の犬とみ合ひたれども、一匹だにわが牙に立つものなく、いと本意なく思ひゐしに。今日不意く御身に出逢て、かく頼もしき伴侶を得ること、父の紹介ならん。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
諸君もまた三更無人人目をらざる一個の婦人が、我よりに人なしと思いつつある場合に不意婦人に邂逅せんか、その感覚していかん。
黒壁 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)