神曲しんきょく01 地獄01 じごく
第一曲 われ正路を失ひ、人生の覊旅半にあたりてとある暗き林のなかにありき一—三 あゝ荒れあらびわけ入りがたきこの林のさま語ることいかに難いかな、恐れを追思にあらたにし四—六 いたみをあたふること死に劣 …
作品に特徴的な語句
もと 夜寒よさむ オンチヤ いた 山羊やぎ 生木なまき 本意ほい 三度みたび 建物たてもの やじり 千々ちゞ 椋鳥むくどり 三人みたり 丁子ちやうじ 三年みとせ 素手すで 苦患なやみ 幾年いくとせ すゑ をり 苦痛いたみ もだ 似非えせ つぶ くじ 一群ひとむれ 後足あとあし 海豚いるか もち 木葉このは 罵詈のゝしり あがなひ みだれ 越度をちど 分際きは きだ 藁屑わらくづ 罪業ざいごふ 後世ごせ 防禦ふせぎ 兩手もろて とゞ ゆたか 一年ひとゝせ 安全やすき かすがひ ひら 電光いなづま あつもの 大粒おほつぶ 水上みなかみ 物具ものゝぐ 罪人つみびと 高嶺たかね 根元もと 終焉をはり 雄々をゝ 四度よたび 無益むやく さそり 我家わがや 伴侶とも 背筋せすぢ 薫物たきもの 阿諛おもねり よみ 寒空さむぞら もと 氣色けしき 泥水どろみづ 無精ぶせい 不意おもはざる 一葉ひとは 妄執まうしふ 無頼ぶらい 處女をとめ よつぎ 濫觴おこり 牧場まきば こと すぼ 奸計わるだくみ しる 大路おほぢ 百年もゝとせ しこづ さけめ 方向むき くひ 空色そらいろ 角笛つのぶえ たかぶり 自己おのれ 伯爵コンテ 小止をやみ へつらひ はかりごと 使者つかひ
題名が同じ作品
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名)アリギエリ・ダンテ (著)
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名)アリギエリ・ダンテ (著)