“ゆくりなく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
偶然75.0%
不意25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ある日お杉は偶然ゆくりなく、宿下りをした召使の口から、市中の恐ろしい噂を聞いた。それは「夫婦めおと斬り」の噂であった。
柳営秘録かつえ蔵 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
そのため二人、偶然ゆくりなく話し合う事が出来たのであった。やがて日が暮れ夜となった。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
しかして夜間は婦人がその特性を発揮すべき時節なれば、諸君もまた三更無人さんこうぶじんきょう人目をはばからざる一個の婦人が、我よりほかに人なしと思いつつある場合に不意ゆくりなく婦人に邂逅かいこうせんか、その感覚はたしていかん。
黒壁 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)