“一發”の読み方と例文
新字:一発
読み方割合
いつぱつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
たず睥睨してる、猛狒益々此方つてる、九死一生不意に、不意に、何處ともなく一發銃聲
たもありません、本船左舷後方海上つて星火榴彈一次一發火箭、それが難破船信號であるりませんか。
つゞいて飛込まんとする獅子目掛けて、一發ドガン、水兵手鎗突飛ばす、日出雄少年素早らして、入口をピシヤン。