“睥睨”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
へいげい96.5%
にら3.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「お前は……」と牧師が怒気のために息づまりながら何か言い出そうとすると、男はしずかに口を開いて牧師を睥睨しながら言った。
悪魔の聖壇 (新字新仮名) / 平林初之輔(著)
月光を線に延ばして奇怪な形に編み上げたようなアームチェーアや現代機械の臓腑の模型がグロテスクな物体となって睥睨し嘲笑し
バットクラス (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
んや海底戰鬪艇は、波威沈降する三十乃至五十潜行持續時間無制限であるから、一度軍艇睥睨まれたる軍艦
五重巍然と聳えしさま、金剛力士が魔軍を睥睨んで十六丈の姿を現じ坤軸がす足ぶみして巌上に突立ちたるごとく、天晴立派に建つたる哉、あら快よき細工振りかな
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)