“軍艦”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぐんかん52.6%
ふね31.6%
グンカン10.5%
かん5.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
本艦一令推進螺旋つて進航めた。規律しき軍艦甲板、かゝる活劇でもして態度はない。
新「海上さんはお世辞ものですよ、その口でく花魁を撫でこみ、血道をあげさせたんですね、ほんとに軍艦の方は油断がならないわ」
此ことわまたうちこわれてひとゆくさ致候ても、後藤庄次郎とともにやり、つまりハ土佐の軍艦もつてやり付候あいだ、して/\御安心被成度候。
「とても駄目です、僕は軍艦でも、ものにならない方の、その中の一番しまいです。」