“蹴”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
91.4%
しゅう2.5%
けっ2.5%
けり0.9%
0.9%
けつ0.6%
しう0.6%
0.3%
キック0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
うしてつてります品物らないと、いんですぜ、そりや、んだり、つたり、ポカ/\でさ。我又不善擇人參可否
人参 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「……ち、畜生っ」と起きあがってくるのを、二度目の靴先が、さらに一を与えると、亭主の影の見失われたから黒い泥飛沫がたかくあがった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と足を取ってすくわれたから仰向に倒れる処へ、甚藏が乗掛って掴まえようとする処を、新吉が足を挙げて股をたのが睾丸に当ったから
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
そのひたりし翁は、これも傘投捨てて追ひすがり、老いても力や衰へざりけむ、水を二足三足、王の領首むづと握りて引戻さむとす。
うたかたの記 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
犬二三霜ばしら
一点鐘 (旧字旧仮名) / 三好達治(著)
理由らぬ囈語をいつて、意識不明つた。には異常はつたかとふやうにお蒲團身體激動した。枕元人々各自しむおへた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
この興奮劑は、私が羅馬で、ある伊太利の藪醫者——あなたなんぞは一するでせうが——から貰つたものですよ、カァター。
「ああ、早く歸りたい、なア」と、渠はさもつらさうに云つて、うつ向きに長くなり、投げ出した毛脛の足を以つて、右と左りをかたみに、疊のりをする。
泡鳴五部作:03 放浪 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
知っているくせに。……もっと黒檀紳士は、明けっ放しの人かと思っていたわ。つまり、四十スクラムからスリークォーター・パスになって、それを、私がカットして好
一週一夜物語 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)