“激動”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ショック66.7%
げきどう33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“激動”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
なるべく、穏やかな平静な顔になって、自分の激動ショックを妻に伝染うつすまいとした。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
なるべく、穏やかな平静な顔になつて、自分の激動ショックを妻に伝染うつすまいとした。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
つひには異常いじやうちからくははつたかとおもふやうにおしなあし蒲團ふとんけつ身體からだ激動げきどうした。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
私はドーンと胸をかれたような激動げきどうを感じた。
疑問の金塊 (新字新仮名) / 海野十三(著)