“伝染”のいろいろな読み方と例文
旧字:傳染
読み方割合
うつ74.2%
でんせん9.7%
しみ6.5%
うつっ3.2%
うつり3.2%
うつッ3.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのうちにそれへ自分のでない咳がまじっているのに気がつく。どうも彼の真上の寝台の中でするらしい。おれの咳が伝染ったのかな。
恢復期 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
悪病流行しています。その伝染さといったらのようであります。このなら人間がみんなえてしまうであろうといます。」
消えた美しい不思議なにじ (新字新仮名) / 小川未明(著)
さて一月もたゝざるうちに近辺所々にてんぷらの夜みせいで、今は天麩羅の名油のごとく世上に伝染わたり、此小千谷までもてんぷらの名をよぶ事一奇事といふべし。
軍鶏屋をはじめたのがいけなくなって氷店になったのだった。道楽ものの兄が二人いたが、その一人と母親とが伝染て、二、三日のうちに三人もいなくなってしまった。
私はときどきは伝染はしないだろうかという不安を感じたが、しかしすぐに消えて行った。
性に眼覚める頃 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
さあ、お奥では大騒動、可恐しい大熱だから伝染ても悪し、本人も心許ないと云うので、親許へ下げたのだ。医者はね、お前、手を放してしまったけれども、これは日ならずったよ。
湯女の魂 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)