湯女の魂ゆなのたましい
誠に差出がましく恐入りますが、しばらく御清聴を煩わしまする。 八宗の中にも真言宗には、秘密の法だの、九字を切るだのと申しまして、不思議なことをするのでありますが、もっともこの宗門の出家方は、始めから寒垢離、断食など種々な方法で法を修するので …
作品に特徴的な語句
むそ しば きづか しお あずか あわい 急遽そそくさ なお おっか すが まい 穿ばき 最初はじまり あらたま こたえ しりえ なんに いい こわば きまり ある すげ ことづけ ごえ 妖怪ばけ つくば ころおい つき まどろ ともし 浴客よっかく あゆみ あかり ゆびさし たすか こっ もうで 負惜まけおしみ 伝染うつッ 婢女おんな 退すさ おいら 可怪あや しずま あい まし よそ もり わらい たかんな とま 慄然ぎょっ けし 衝立つッた 御寝おやす きもの ことづか とんが すき 唐突だしぬ 這奴こやつ とおり 周囲ぐるり ふたつ まいり もの ほん ひろ あやつり 寂然しん またたき あかる ことづ 因縁いわれ かさ いか 可煩うるそ 野猪しし 蹌踉よろよろ くわ おそれ 蒼然まっさお さん 御代ごよ なく はず くびす ひそか そぞろ にぎわ 宣示のりしめ 顔色かおつき ばばあ つむり のど しゅ うがい