“扶”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たす93.6%
たすけ1.8%
タス1.8%
たすく0.9%
すく0.5%
たすか0.5%
0.5%
ぶち0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「助けてい!」と言いさまに、お雪は何を狼狽えたか、けられた滝太郎の手を振放して、れかかって拓の袖を千切れよといた。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
すべて乏しき時のわがなりし者いふ。汝こなたにむかひて、かのふたりの者の怠惰を噛みつゝ來るを見よ。 一三〇—一三二
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
ヲ待チテハ、次ノ日マタ、病ヲケラレテ、時務ヲ治ム。為ニ、日々血ヲ吐イテ止マズ。死シテハマタエル。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
護の子、など、それぞれ、領土を分けて、門戸をもち、総称して、この一門のことを“常陸源氏”といい囃している。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と、いって、私は、よし、その現場へ飛び込んだにしろ、その急場をうには是非入用な金銭を持っておらぬ。私に金銭などのある時節でありませんから。けれども、そんなことは問題ではない。
というのはそれなんだがね、お雪はとてもらないのだから、私も今まで乗懸った舟で、この娘の魂をお前さんにおんぶをさして上げるからね、と篠田の処まで持って行くのだよ。
湯女の魂 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
明神下の畦徑を提籃さげた敏雄の手をいて歩いてゐると、お隣の金さん夫婦がよち/\歩む子供を中にして川邊りの往還を通つてゐるのが見えました。
業苦 (旧字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
その頃の秤座は通四丁目の一角を占める大きな建物で、役人としてはわずか切米十俵二人の小身ですが、二た戸前の土蔵を背後に背負って、繁昌眼を驚かすばかり。