“御扶持”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ごふち76.9%
おふち7.7%
おんふち7.7%
ごふぢ7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
出すの有べきや其方はなき爲方なり是には何か樣子あらんとれしかば粂之進心中ほり小身なりともしも上の御扶持頂戴に人の理非
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ソレでドウだと申すに、御扶持を貰わなければ不親切不忠とわれる、不忠の罪を犯すまでにして御辞退申す程のはないからんで戴きます。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
そうすれば三万石のりょうぶんをさしあげて一生御扶持申しましょうと仰っしゃるのでござりました。なれどもこれはひでよし公の御ほんしんでござりましたかどうか。
盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
お祖父さんも以前は大小を差して、戸田家にて仮令少禄でも御扶持を戴いたものだ、其の孫だからお前も武士血統を引いて居るではないか、忠孝からずと云うて
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)