“頂戴”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちょうだい73.8%
ちやうだい18.0%
いただ2.9%
ちようだい2.4%
てうだい1.0%
いたゞ0.5%
いたゞき0.5%
ちゃうだい0.5%
ちょうでえ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(あなたは春陽会へいらしって? らしったら、今度知らせて頂戴。あたしは何だか去年よりもずっとさそうな気がしているの)
文放古 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
小六さん、座敷てて、洋燈けて頂戴せないだから」と依頼んだ。小六簡單
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
冬の頃から頂戴いていたものを、花見の客が無闇に立て込む今日此頃では忘れたかのようにお寿賀さんは夫れをれようともしない。
温室の恋 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「お父様、どうしませう。ジウラさんがこのまゝ死にでもしたら、あたしが殺したやうなものですわ。どうかして頂戴よ。早く/\」
ラマ塔の秘密 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)
『まァ、大層んでること』ちやんはつてほもけました。『へて頂戴な、ね、此處から何方けばいの?』
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
胸の広さの頼母しきを解せぬといふにはあらざれど、のつそりもまた一気性、他の巾着で我が口濡らすやうな事は好まず、親方まことに有り難うはござりまするが、御親切は頂戴いたも同然
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
までく長庵が佞辯奸智極惡るに物なしと後にぞ思ひ知られけり十兵衞は長庵がみのありとは少しも知らず然樣ならば頂戴ますとれが出たる三兩を再び胴卷の金と一仕舞込
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「あら、あたしこそ。あたしこそだわ。許して頂戴。」
いてふの実 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
して貰っちゃあ——それより、もう一ぺえ、茶が頂戴してえな。おめえ、煎茶の心得でもあると見えて、豪勢、うめえ茶をのませてくれたよ
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)