ラマ塔の秘密ラマとうのひみつ
一白馬の姫君 「ニナール、ちよつとお待ち」と、お父様のキャラ侯がよびとめました。ニナール姫は金銀の糸で、ぬひとりした、まつ赤な支那服をきて、ブレツといふ名のついたまつ白な馬にのつて、今出かけようとするところでした。 「なんですの、お父様」と …
作品に特徴的な語句
うし れい あるひ 手前てまい 炬火あかり 頂戴ちようだい にはか わづ 大悦おほよろこ こは はふ 断崖がけ つか あかり 躊躇ちうちよ たふ うはさ もつと 想出おもひだ 智恵ちゑ 活溌くわつぱつ 満洲まんしう ため 燈明あかり 燈火あかり 父様とうさん ゆか 蝋燭らふそく だれ ほか 何処どこ かし ぼく 北京ペキン うまや 厩頭うまやがしら たた ただ しか すわ ほこり しろ やつ 孤児みなしご うち 射殺いころ 少時しばらく 従兄いとこ 忍寄しのびよ たちま よろこ 或時あるとき 手附てつき 支那しな 時鳥ほととぎす 松本まつもと 枕元まくらもと 此処ここ さび ふち 清国しんこく 炬火たいまつ はげ しか 物凄ものすご ぴき あと 白馬はくば まゆ 真似まね わたし 私達わたしたち 立退たちの はず 紅味あかみ しま そび きも きも なか ひざ 蒙古もうこ ほたる