“射殺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いころ61.9%
うちころ23.8%
ぶちころ4.8%
ゐころ4.8%
ゐたを4.8%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから由蔵は、何かの異常に気がついて、此の天井裏に上ってみたが、逸早いちはやくそれと知った犯人のために、物蔭から吹矢で射殺いころされたに違いがない。
電気風呂の怪死事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
曳手ひくて単節ひとよ荒芽山あらめやまを落ちる時も野武士に鉄砲で追われた、網苧あしお鵙平もずへい茶屋にも鉄砲が掛けてあった、甲斐の石和いさわの山の中で荘官木工作むくさく泡雪奈四郎あわゆきなしろうに鉄砲で射殺うちころされた。
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
野郎やらうがついたな、鉄砲てつぱう射殺ぶちころしてしまふ。これを聞いていよ/\おどろゆきなかげたがあとからおくまは火縄筒ひなはづゝを持つて追つて来ます。旅の人はうしろをふり向くとチラ/\火が見える。
ひげへても友達ともだち同士どうしあひだ無邪氣むじやきなもので、いろ/\のはなしあひだには、むかしとも山野さんや獵暮かりくらして、あやまつ農家ひやくしやうや家鴨あひる射殺ゐころして、から出逢であつたはなしや、春季はる大運動會だいうんどうくわい
其樣そんことだらうとはおもひました、じつひどにおあひになりましたな。』と、いましも射殺ゐたをしたる猛狒ゴリラ死骸しがいまなこそゝいで