“家鴨”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あひる99.0%
あいがも1.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“家鴨”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語17.3%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行1.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
運河には石の眼鏡橋。橋には往来の麦稈帽子。――たちまち泳いで来る家鴨あひるの一むれ。白白と日に照つた家鴨の一むれ。
長崎 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
むかしとも山野さんや獵暮かりくらして、あやまつ農家ひやくしやうや家鴨あひる射殺ゐころして
あるいはそれが一段細かくなって家鴨あいがもよりほかに食わせない店もある。
道楽と職業 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)