“鰐”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
わに92.5%
アリゲーター1.5%
クロコジール1.5%
さめ1.5%
クロコディール1.5%
ワニ1.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼がる時はのごとく、った時は河童のごとく、しかしてった時は仏顔であったかも知れぬ。また半耳君にしても然りである。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
二三度そういうことを繰り返しているうちに、その男は、さっきから数回銛をぶちつけていたのは、石ではなくて、ガールそのものであったことに気がつく。
異魚 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
СССРの皮肉の諧謔の好標本である『』は、復活祭号である。表紙にこんな絵がある。緑色シャツの労働者が白布を頭にかぶって水の入ったバケツをさげて歩いて来た。女に訊いている。
モスクワ印象記 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
親父が自慢に人様が来ると常々見せましたが、縁頭赤銅七子に金の三羽千鳥が附きまして、目貫も金の三羽千鳥、これは後藤宗乘の作で出来のいのだそうで、はチャンパン
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
漫画雑誌の「」は、いつも官僚主義を諷刺していた。ビュロクラティズムという言葉は、伸子がモスクヷで最も早くおぼえた用語の一つだった。
道標 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
僕の忿懣はその極に達したが、今度も抗弁は無効であつた。僕は科長である五郎博士、および研究室附きの若い看護婦、七娘に引渡され、病棟内の小部屋に収容された。
わが心の女 (新字旧仮名) / 神西清(著)