“鱒”の読み方と例文
読み方割合
ます100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
性来、特に現在だ人間嫌いになった私にとってもこの人が島へくることは一尾のいできたような喜びを与える。——追記。
島守 (新字新仮名) / 中勘助(著)
あなたはおから、いでるのが見える池へ連れてつてやると仰しやつたぢやないの。あたしまだ鱒を見たことがないんですもの。
水車のある教会 (旧字旧仮名) / オー・ヘンリー(著)
「空の工兵大隊だ。どうだ、なんかがまるでこんなになってはねあげられたねえ。こんな愉快はしたことない。いいねえ」
銀河鉄道の夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)