“山葡萄”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やまぶどう71.4%
やまぶだう21.4%
モルグ7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さて、店を並べた、山茱萸山葡萄のごときは、この老鋪には余り資本がらな過ぎて、恐らくおになるまいと考えたらしい。で、精一杯に売るものは。
茸の舞姫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
若かりし頃は好い男であつたかも知れませんが、兩眼ひて、山葡萄のやうに、不氣味に飛び出した上、顏半面の大火傷で、見るも無慚な顏容ちです。
昨年の夏帰った時には、庭一杯に色とりどりの花が咲き乱れ、塀のぐるりには母の植えたという林檎の苗木や山葡萄がひとしお可憐だった。
故郷を想う (新字新仮名) / 金史良(著)