茸の舞姫きのこのまいひめ
「杢さん、これ、何?……」 と小児が訊くと、真赤な鼻の頭を撫でて、 「綺麗な衣服だよう。」 これはまた余りに情ない。町内の杢若どのは、古筵の両端へ、笹の葉ぐるみ青竹を立てて、縄を渡したのに、幾つも蜘蛛の巣を引搦ませて、商売をはじめた。まじま …
作品に特徴的な語句
あから 態度なりふり ささ さき しな おなご でか ぶり なあに こぼ せきばらい かず 甘味うまい 退しさ うつくし 洞穴ほら ばり 待遇あつかい 粧飾めか まね がわ たら 退すさ あい さかしま かッ あかり にじ 下婢おさん かぶり かわ 婦人おなご はじ うずく わらい 振廻ふれまわ 話柄こと 可怪あやし 衣服べべ きもの つッ 薄紅うすあこ おごそか 蓬々おどろおどろ なめらか はげし とも おおき 残余なごり 白痴たわけ 碧玉サファイヤ まこと あかる しん よそ から ちがい あつま とん はち おぶ さかん あかり こら あやし 白痴はくち ひつぎ とお じゅ 大人うし なまめ しな おら わき 可恐こわ くさびら うっす 芸妓げいこ 薄紅うすあか ぜん わた 罷出まかりいで あが すそ 紅玉ルビイ しっ あきら 水溜みずたまり 一口ひとふり 引搦ひっから