“裳”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
もすそ49.6%
31.6%
すそ15.2%
1.6%
ジユツプ0.4%
しょう0.4%
ひだ0.4%
スカート0.4%
チマ0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はらはらとその壇のに、振袖、詰袖、揃って手をつく。階子の上より、まず水色のを引く。すぐにぎたる姿見ゆ。
天守物語 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
これは皆きれいにいろいろな上着にまでつけて、重なるようにしてすわりながらおおぜいで出ているので感じのよいことであった。
源氏物語:28 野分 (新字新仮名) / 紫式部(著)
笠もなく、手荷物もなく、草鞋すらも穿いていない。彼女は浴衣のさえも引き揚げないで、麻裏の草履を穿いているらしかった。
半七捕物帳:16 津の国屋 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
脛に密着させるものは、筒袴とも言ふべきである。此が新しい意のはくで、襲衣上袴だ。此は袴を括り上げる。脛ばきのはゞきの原形は、此である。
帽も上衣も黒つぽい所へ、何処か緋や純白や草色一寸取合せて強い調色を見せた冬服の巴里婦人が樹蔭ふのも面白い。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
永い歳月を経て定まったとの形があることをも考えず、何でも見れば真似をして、上から上からと色々の余分のものを取り重ね、羽織だコートだ合羽よけだと
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
黒ずんだ昆布のを思わすようなギサついた口唇の横から、撲殺される刹那に、自分の歯で××食いちぎったらしい血まみれの舌××××××を、だらりと意気地なく吐き出していた。
放浪の宿 (新字新仮名) / 里村欣三(著)
ふと見ると庭に沿った長い側廊を、ブロンド編髪をやさしく胸に垂れ、レエスの胸衣に鯨骨入りのをつけて大きな西班牙の扇を持った少女が
ハムレット (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
二つ三つぶように深い息を吸い込んだりする。牛糞みたいな乳房が垂れ下がり、ずんだの裾から両足はぐんなりと投げ出され、その肩はかな弧を描いていた。
土城廊 (新字新仮名) / 金史良(著)