ハムレット
敗戦後一年目のこの夏、三千七百尺の高地の避暑地の、ホテルのヴェランダや霧の夜の別荘の炉辺でよく話題にのぼる老人があった。 それは輝くばかりの美しい白髪をいただき鶴のように清く痩せた、老年のゲエテ、リスト、パデレウスキなどの Phenotyp …
作品に特徴的な語句
交際まじ スカート 短衣タブレット 胸衣ジレ 香炉キャサレット 外衣クローク 寛衣ブザン いじ 独白せりふ おびや 蛇腹バラベット 超人エルロオ 唐突とうとつ 喚起かんき 将棋チェス はま 嵌石モザイク さし 彷徨ほうこう 意想いそう 扮装ふんそう 木椀ジャット 丁々ちょうちょう 乖離かいり 伐木ばつぼく たたず 併存へいぞん 便々べんべん 俯向うつむ 側卓そくたく 側廊アイル おおやけ もた 剥奪はくだつ 匆々そうそう 可笑おか 含嗽うがい 呼索よびづな 嗟嘆さたん 基督キリスト 奔逸ほんいつ 寛闊かんかつ 巴里パリ 得体えたい 微塵みじん 忍辱にんにく 快戯かいぎ 惨憺さんたん 慇懃いんぎん 懊悩おうのう 扶持ふち 摺箔すりはく 斜右はすみぎ 明晰めいせき 書割かきわり 朧気おぼろげ 梗概こうがい 汚穢おわい 流眄ながしめ 清々すがすが したた すす ひん 無精ぶしょう 熟慮じゅくりょ 牧詩エクログス みだ 琴子ことこ 痙攣けいれん しび なお 発顕はつげん 相馬そうま 破風はふ 穿 紐育ニューヨーク 索漠さくばく 綣村へそむら 綽名あだな 緩慢かんまん ふけ 聖龕ジャーツス 肋骨ろっこつ 腰板パネル しゅうと 苜蓿うまごやし すみれ 蒼茫そうぼう 薄原すすきはら 薄月うすづき 衒奇げんき もすそ 襞衿ひだえり