“清々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すがすが67.7%
せいせい16.7%
すが/\8.3%
せい/\2.6%
さわさわ1.0%
すが/″\1.0%
スガヽヽ1.0%
さやさや0.5%
すかすが0.5%
スガスガ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
霧とも云えないほど薄すらとしたものが、植込の下影に逃げ迷っていて、清々しく打晴れた空には、薔薇色の光が一面に流れていた。
人の国 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
「ああ、これて清々した。」と、お葉は酔醒の水を飲んだ。お清はれて顔を眺めている処へ、のお杉の声が聞えたのである。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「しばらくの間、少しは清々しいところへいらつしやい。」と彼は云つた。「あの家はまるで牢獄だ。そんな感じがしませんか?」
さぞ清々するだらうと言つた、そんな事しか考へて居なかつたのですが、行つて見ると、それどころの騷ぎではありません。
清々に根引く冬菜は野に積みて置き足らはしぬ横山のごと
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
日は眞晝、眼前の瀬は日光を受けて銀色に光り、峽間の風は極めて清々しく吹き渡り、かな榎の枝葉は斷えず青やかな響を立てゝそよめいてゐた。
古い村 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
其がと、此世の惡心も何もかも、忘れ果てゝ清々しい心になりながら、唯そればかりの一念が、殘つて居ると、申します。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
事しありて君とこそ行け我どちは音清々し響かひ行かむ (加藤武雄氏に)
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
妾は近頃になく心の清々しさを感ぜしものから、えばを過ぐる雲煙の、再び思いも浮べざりしに、らずも他日この女乞食と、思いけぬ処に邂逅いて、小説らしき一場の物語とは成りたるよ。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
其がと、此世の悪心も何もかも、忘れ果てゝ清々しい心になりながら、唯そればかりの一念が、残つて居る、と申します。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)