“すがすが”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:スガスガ
語句割合
清々89.7%
爽々6.2%
清清1.4%
涼々0.7%
清淨0.7%
清爽0.7%
爽爽0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けれど清々しい少年の姿は、私にとっていつも完全にコペンハアゲンを説明し代表し、コペンハアゲンそれ自身でさえあり得るのだ。
踊る地平線:05 白夜幻想曲 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
それは全く、何とも云えない爽々しい気分であって、二人は夢のように悦び合った。これならば、門をくぐる患者も殖えることであろうと思われた。
(新字新仮名) / 海野十三(著)
かかる夢見しは覚めたる清清し。
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
甲斐の盆地の夏景色は、何んともいえず涼々しく、釜無河原には常夏が咲き夢見山には石楠花が咲き、そうしてお館の木深い庭を蛍が明滅して飛ぶようになった。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ここに須賀一三の地に到りまして詔りたまはく、「吾此地に來て、が御心清淨し」と詔りたまひて、其地に宮作りてましましき。かれ其地をば今に須賀といふ。
それでも家には何時もちやんと着いてゐて、なにごともなかつたやうに清爽しく毎朝をむかへてゐるのです。
巷の子 (旧字旧仮名) / 室生犀星(著)
塩をかす工夫に向けられるのも、自然な生理であろうと梶はのべたが、実は、料亭そのものの方がはるかに美しく、音楽もウイーン風の庭に似合わしいのが、爽爽しい気持ちだった。
罌粟の中 (新字新仮名) / 横光利一(著)