罌粟の中けしのなか
しばらく芝生の堤が眼の高さでつづいた。波のように高低を描いていく平原のその堤の上にいちめん真紅のひな罌粟(げし)が連続している。正午にウイーンを立ってから、三時間あまりにもなる初夏のハンガリヤの野は、見わたす限りこのような野生のひな罌粟の紅 …
作品に特徴的な語句
めぐら こと むずか やす 不可いか つかま きわ くれない とも 何卒なにとぞ くら たび たのし 把手とって ゆす もら はじ まば つかれ げん 罌粟げし たず ただ つまづ 遠吠とおぼ さま ひら 雪崩なだ 音締ねじ 頓着とんちゃく あらわ 一瞥いちべつ 介意かま ほか 仰言おっしゃ 俯向うつむ そば 刹那せつな にお かえ 口説くど あじわ 味噌みそ うめ くちびる 喧騒けんそう ささや 垣根かきね 塩辛しおから 外貌がいぼう きら よろ 容子ようす むか 小趨こばし くず もてあそ ゆる たちま うら 恢復かいふく 悵快ちょうおう うれ たの よろこ 手穢てあか かかわ 挨拶あいさつ とら つか そろ 放蕩ほうとう たか 明瞭めいりょう しばら もり かじ よろこ こと うか きよ