“利”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
91.6%
2.5%
きか1.0%
きき0.7%
きゝ0.7%
0.7%
きい0.3%
0.3%
0.3%
きく0.2%
きけ0.2%
くぼさ0.2%
0.2%
0.2%
するど0.2%
とが0.2%
とき0.2%
とし0.2%
もうけ0.2%
クブサ0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
に背を向けているのは若い院長の健策で、いた診察服の前をはだけて、質素な黒羅紗のチョッキと、ズボンを露わしている。
復讐 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
僕の友だちは僕のやうに年とつた小役人息子ばかりではない。が、誰も「いちやん」の言葉には驚嘆せずにはゐられなかつた。
本所両国 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
卯平薄暗煙草かしてはきな眞鍮煙管火鉢いてた。卯平勘次とはなかつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
いや、むしろ直截に云いましょう。だいたい装飾灯が再び点いた時に、左であるべき貴方が何故、を右に提琴を左に持っていたのですか
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
目科の細君が賢き説を立てながらも其説の当らざりしは無理に非ず、後に至りて聞糺せしに老人は全く左なりしに相違なし
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
彼はさへしとみえしそのを我にむけつゝ、たゞちに續いてまた斯くいひぬ 四—六
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
たと思ったら物置の愚痴。
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
と云われて奥方は少しも御存じございませんから手燭けて殿様の処へ行って見ると、腕はえ刃物はし、サッというに肩から乳のまで斬込まれてる死骸を見て
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
... 近日京師の戦ニ出候人ニハ少々御出し被成、地など御見合可然と奉存候」私の船ハ夕方のしおに下り可申」何レ近日
イエ九助の正直なる事は村中の譽者にて誰知らぬ人も御座りませぬと云を理左衞門又れ口を糺明を云付るぞとせば周藏は吃驚し老人の事故へ居るを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
る事は持前なれども表へ出ては口のる大屋に非ずに寄たら當人へしてすも知れざれば彦兵衞殿の家主八右衞門殿を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
夫れ大人を立つる、必ず時に随ふ。も民に有らば、何ぞ聖造はむ。山林披払宮室経営りて、みて宝位に臨み、以て元元を鎮むべし。
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
猫婆どころかもない。
孝「へい、良石和尚が申した通り、の身の上はの上を渡る様なもので、進むに利あり退くにあらずと申しまして、良石和尚の言葉とか違いはござりません」
しかるにギリシア、ローマには一方に蛇を兇物として蛇髪女鬼九頭大蛇等、諸怪を産出せる他の一方に、竜種を眼く地下に住む守護神として崇敬せり。
それは黒と白と市松模様倭衣を着た、容貌の醜い一人の若者が、太い白檀木の弓を握って、時々切って放すり矢であった。
素戔嗚尊 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
比隣のワラキア人はやはり翼とあり、焔と疫気を吐く動物としおる由を言い、てふ巨人に係る昔話を載す。
さん、ひょっとお前は——」サア来たと私は思った。
私の父 (新字新仮名) / 堺利彦(著)
肉屋の亭主に言わせると、牛は殆んどる部分が無い。頭蓋骨は肥料に売る。臓腑と角とは屠手のに成る。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
のみむさぼる国に、正しかる日嗣のゆゑを しめしたらなむ
橘曙覧評伝 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
許されて 剣とり帯く民の。民はぐゝみに、ふるへ。ごゝろ
橘曙覧評伝 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)