“宮室”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おほみや33.3%
きうしつ33.3%
みや33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夫れ大人を立つる、必ず時に随ふ。も民に有らば、何ぞ聖造はむ。山林披払宮室経営りて、みて宝位に臨み、以て元元を鎮むべし。
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
日本往時高層建築はおほくなかつた。たゞには十三まであり、城堡には七天守閣まであり、宮室には三層閣があるが、一には單層標準とする。
日本建築の発達と地震 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
すなはちその道に乘りていでましなば、魚鱗のごと造れる宮室、それ綿津見の神の宮なり。その神の御門に到りたまはば、傍の井の上に湯津香木あらむ。