“湯津香木”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ゆつかつら50.0%
ユツカツラ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その神の御門に到りたまはば、傍の井の上に湯津香木ゆつかつらあらむ。
彦火々出見命の海宮行の条に見ゆる、湯津香木ユツカツラ及び井中の影、之なり。
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)