“湯津爪櫛”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ゆづつまぐし50.0%
ゆつつまぐし25.0%
ユツツマグシ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
き、放つ湯津爪櫛ゆづつまぐし
新頌 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
き、放つ湯津爪櫛ゆづつまぐし
新頌 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
ここに速須佐の男の命、その童女をとめ湯津爪櫛ゆつつまぐしに取らして、御髻みみづらに刺さして、その足名椎、手名椎の神に告りたまはく
かれ左の御髻みみづらに刺させる湯津爪櫛ゆつつまぐし一二の男柱一箇ひとつ取りきて
伊弉諾神、逝去せしその妻神を見んとて、黄泉国に行きし時、暗かりしかば、其湯津爪櫛ユツツマグシの雄柱一箇をかぎて、一箇火ヒトツビを挙げて殿内を見る。
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)