新頌しんしょう
男声(独唱竝に合唱) 神坐しき、蒼空と共に高く、 み身坐しき、皇祖。 邈かなり我が中空、 窮み無し皇産霊、 いざ仰げ世のことごと、 天なるや崇きみ生を。 国成りき、綿津見の潮と稚く、 凝り成しき、この国土。 邈かなり我が国生、 おぎろなし天 …
作品に特徴的な語句
あれ みまし いつ 退しぞ もひ ぐは にぎ いぶし いはほ はて くし きほひ うは 中央もなか くら あだ うるは 御願ごぐわん 微笑ほほゑみ さや めぐ ぐわん にこ ごも たひ 嘔吐たぐ あま あき すが いきどほり けがれ 陽炎かぎろひ うへ 際涯はたて さや 曠野あらぬ ひむがし きは たくはへ いら かづ みめぐみ おほ はなひ おら やは によ くし ゆる 七月ふづき ただむき ほの しほ 御陵ごりやう 上下じやうげ わらはべ たてまつ きき 生死しやうし また をは 高粱カオリヤン かた 清明まさや やつ なだ 日向ひむか まが ちひ 巌窟いはや 精霊いきすだま かな なん しこ かを まば 宿しゆく 女童めわらは
題名が同じ作品
新頌 (旧字旧仮名)北原白秋 (著)