新頌しんしょう
男声(独唱竝に合唱) 神坐しき、蒼空と共に高く、 み身坐しき、皇祖。 邈かなり我が中空、 窮み無し皇産霊、 いざ仰げ世のことごと、 天なるや崇きみ生を。 国成りき、綿津見の潮と稚く、 凝り成しき、この …
作品に特徴的な語句
あかね らう 微風そよかぜ たに 筑紫つくし 息吹いぶ 幸先さいさき 五日いつか 一本ひともと ほこ 千尋せんじん しとみ 逆手さかで 白雲しらくも 中空なかぞら 海豚いるか 海岸うなぎし 行宮かりみや 岩角いはかど うはばみ ひひらぎ 水上みなかみ すな 大童おほわらはべ 豊国とよくに 流浪さすら 驚破すは 大海原おほうなばら 一年ひととせ 天降あも 軍鶏しやも 電光いなづま おこ 船脚ふなあし 真昼まひる みちびき さそり えら 幼子をさなご 下心した 下向げかう 雑木ざふき いや すぢ 颶風ぐふう 宮居みやゐ 旌旗せいき 浪速なみはや 海原うなばら 馬酔木あしび はなひ 蒙古モンゴル 勾玉まがたま 茅萱ちがや いつ ひび うるふ 拍手かしはで 春秋はるあき はら 寿詞よごと 小止をや 枯葉かれは 皇子みこ きぬ たけ たつ はは 真上まうへ いへ きやう 六日むいか 大地おほつち 小舟をぶね 苦力クリー 御伴みとも 草莽さうまう 調伏てうぶく 長雨ながめ おほ 代々よよ 守護神まもりがみ 紅殻べにがら 蹴放けはな たたら 蒼蠅さばへ 軽舸けいか つつ ほそ 際涯はたて 火遁くわとん 菊石きくめ やしな
題名が同じ作品
新頌 (旧字旧仮名)北原白秋 (著)