“中央”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まんなか55.6%
なかば7.3%
なか6.7%
ちゅうおう6.2%
なかほど5.6%
ちうわう2.8%
ちうあう2.8%
ちゆうおう2.2%
たゞなか1.7%
ちゆうわう1.7%
もなか1.7%
まなか1.7%
ただなか1.7%
なかごろ1.1%
ちゆうあう0.6%
マンナカ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
丹那という土地は四方を高い山々で取囲まれていて、窪地の中央に水田があって、その周囲に農家がチラホラとあるに過ぎなかった。
丹那山の怪 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
秋の中央ではあったけれど名に負う信州の高原地帯の木曾の福島であったから、寒さは既に冬に近く炬燵の欲しい陽気であった。
温室の恋 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
の字の形とでも言おうか、その中央の棒が廊下ともつかず座敷ともつかぬ、細長い部屋になっていて、妙にるく陰気で暗いだった。
女の膝 (新字新仮名) / 小山内薫(著)
ただいつまでも試合場中央が大きな空虚になりッぱなしとなって、人ばかり右往左往しているので、さかんにガヤガヤもめている。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
丁度私の田舍は高い山ので、一段づゝ石垣を築いて、その上に村落を造つたやうな位置にあります。私の家はその中央にありました。
其他には、一のにもあるく、周圍中央とに、四五穿つてあるが、床壇けてい。
さうすると勘次めて中央つ。それが幾度反覆された。木立陰翳つてはきら/\とから反射した。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
これ東西線南北線とに竝列してゐるが、中央交叉點場所現在活火口たる中岳千六百四十米)がある。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
このうるはしき物語たゞちにやみぬ、そは我等路の中央に、やはらかくして良きある一本の木を見たればなり 一三〇—一三二
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
船室中央してある球燈煌々いてるが、どうも其邊魔性でもるやうで、空氣へるやうにく、寢苦しかつた。
「お客様の——」と座の中央に差しして、りぬ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
階下よりに足音の響きければ、やうやう泣顔隠して、わざとを支へつつ中央なる卓子周囲を歩みゐたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
洋風ひの家屋の離れ/″\に列んだ——そして甚麽大きい建物も見涯のつかぬ大空に圧しつけられてゐる様な、石狩平原の中央の都の光景は、やゝもすると私の目に浮んで来て
札幌 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
すこし考えのあった老妓は、其の婢から三十間位も離れて、今一人の一力の婢と並んで歩いていたが、松原の中央へ往ったところで
とんだ屋の客 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
秋山の中央中津川といふありて、(すゑは魚沼郡妻有の庄をながれて千川に入る川也)川の東西に十五ヶ村あり。
部屋の中央へ机を持出して、それにもたれてだまったまゝ種々な事を思ふ時、あけてある窓から訪れる春風は羽織の裾をハタ/\とうごかして
手紙 (新字旧仮名) / 知里幸恵(著)