“中央公論”の読み方と例文
読み方割合
ちゅうおうこうろん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
滝田めての家へ来たのはの大学を出た年の、——めて「中央公論」へ「手巾」という小説を書いた時である。
滝田哲太郎君 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
もし今後中央公論編輯かにってるとしたら、それらの追憶録かれると非常面白いとっていました。
夏目先生と滝田さん (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
英吉利語を教える報酬は僅かに月額六十円である。片手間に書いている小説は「中央公論」に載った時さえ、九十銭以上になったことはない。
十円札 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)